クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

裏技

クレジットカードで公共料金を支払う裏技

毎月毎月かかる公共料金。
電話代や電気代、ガス代、水道代など、毎月毎月かかる公共料金ですが、
基本的にこれらの公共料金は、現金での支払いしかできないことになっています。

しかし、実は一部のコンビニでは、コンビニが発行するクレジットカードで公共料金の支払いができてしまう裏技があります。

またクレジットカードのポイント制などによっては、その分得になることもあります。
公共料金はクレジットカード支払いができないという常識を覆す裏技です。
それではその方法をご紹介します。

【ファミリーマートで支払う!】
コンビニもいくつか数はありますが、その中のファミリーマートで発行するクレジットカード 「ファミマカード」 で公共料金を支払うことができてしまいます。
このカードで支払えば、クレジットカードの引き落としの日まで、お金を払わなくてもよくなりますので、現金がないときには助かるかもしれません。

このカードは、年会費も無料。

さらに、公共料金の支払い分に対してもクレジットカードのポイントが貯まるのです。
さらにさらに、このカードがあれば、特定の曜日にファミリーマート内の商品が割引で変えてしまうという特典まであるのです。

無料で作れるこのカード。
もしファミリーマートをよく利用する方であれば、ぜひぜひ持っておきたい1枚です。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

現金化業者を使わないカード現金化の裏技

こんなご時勢、通常のキャッシング枠を使い切ってしまっている人は決して少なくないと思います。
私も、色々あって今月末なんとか凌げれば、あとはボーナスで穴埋め出来るのに、、、
と、いったことがありました。

でも、クレジットカードの現金化業者には、やはり抵抗感がありました。

ところが、ネットで裏技的な体験談を検索してみたら、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法の体験談を見つけたのです。

それは、現金化とは関係ない普通のこのサイトを使う方法でした。

著作権フリー素材
http://sozai.tank.jp/

このサイトは、ホームページなんかを作る人が利用する著作権フリーの素材を販売しているサイトです。

でも、どうしてこのサイトで、ショッピング枠の現金化が出来てしまうのか…

販売している素材は、1万円から20万円ほどで、
支払いにはクレジットカードです。

が、しかし、この販売サイトは購入後にキャンセル返金がOKなんです。。。。

その返金は、自分の銀行口座に振り込まれて戻ってくるのです。

データのダウンロード販売サイトってデータが、
簡単にコピーされてしまうじゃないですか?、だからふつーはキャンセルなんて出来ないんですけどね・・・

でもココは、
キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料が設定されていいるのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですからね。

仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料10%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、112,000円のセット商品を購入。

その後、サイトのキャンセル受付フォームに
返金してもらう為の自分の銀行口座を指定して返金申込みを送信しました。

3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,380円が私の口座に入金されました。

あと、入金までに3日程かかるので
今直ぐ現金が手に入らないと困る!というような方は
ダメですね。

どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済の見込みがある方には
ネット上だけの手軽で安全な方法だと思います。



カードのショッピング枠を低手数料で現金化する裏技

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには専門業者を使う方法が一般的ではないかと思います。
しかし、手数料として金額の10~20%前後の手数料がかかります。
仮に20%だったとして20万円を現金化すると40,000円も手数料がかかってしまいます。

そこで、Yahooオークションで利用できるYahoo簡単決済を使用し現金化する裏技があります。
このサービスの概要としてはYahooオークションにて落札したものの代金をクレジットカードでも支払えるというものです。
出品者がYahoo簡単決済のカード支払いを許可していれば利用可能です。
金額が6,001円以上は金額の5.25%の手数料が落札者側に別途請求される仕組みです。

実行するには2枚のクレジットカードを使用しYahooオークションIDを2個(出品用、落札用)取得する必要があります。
クレジットカード1枚につき1IDしか取れないためです。

クレジットカードが1枚しかない場合は、ジャパンネット銀行かイーバンク銀行の口座を作ってもう1個IDを作るか家族や知人友人などに協力を要請しましょう。

次に、出品用IDで架空の出品をします。
出品前にYahoo簡単決済での支払いが受けられるように手続きをすることと
出品ページでYahoo簡単決済での支払いをOKすること忘れないでください。

登録の際は現金が振り込まれる銀行、信金、信組、農協、ぱるるなどの口座が1つ必要になります。
出品の金額は自分が必要とする現金の額で即決(希望落札価格)に設定にしましょう。
額にもよりますが10万円台であれば一眼デジカメやパソコンなどが良いかもしれません。

出品が終わったら、別の人に落札をされないようにするため、すぐに落札用のIDで落札をします。
落札後にYahoo簡単決済のカード支払いを行ってください。
支払いの手続きが終わると即時出品者に自動的に連絡のメールが届きます。

出品ID宛に確認のメールがきますので、確認後ペイメントでの支払いを許可すると2日くらい(土日祝など営業時間外を除く)で指定の口座に入金されます。
その際、手数料は出品者側にはかかりませんので、10万円なら10万円満額振り込まれます。
手数料は落札者側に請求されます。

このYahoo簡単決済の上限金額は忘れてしまいましたが、20万円は確実にできたと思います。
現金化するまで2日ほどかかりますが、低額でも低利息で現金化が可能です。

オークション利用料2ID分の手数料は微々たるもの(1IDあたり1ヶ月で約300円)なので、それを入れても手数料がお得です。


現金化の裏技・体験談はこちらをご覧下さい

現金化業者を使わないクレジットカード現金化裏技

カンタンにネット上だけで、
安心してクレジットカードのショッピング枠を
現金化する体験談の口コミをお教えします。



この裏技は、いわゆる専門業者を使わない方法の体験談です。


実は、この体験談の口コミは、偶然目に止まったものです。

その方法とは、このサイトを使った方法です。

著作権フリー素材
http://sozai.tank.jp/

「フリー素材?」と思った方。そうなんです、ぜんぜん現金化とは関係ないサイトなんです。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトですが、

実はココ、クレジットカードでダウンロード購入後に、キャンセル返金(銀行振込)に対応してくれるのです。

普通、この手のダウンロードサイトは、
デジタルデータの商品が簡単にコピーできてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・

実はそこがポイントで、このサイトでは、キャンセルに対して、一律
10%のキャンセル料を課しているわけです。
素材をタダで根こそぎダウンロードさせない為の対策ですね。


私が利用した時は、56,100円の素材をカードで購入。

その後、サイトのキャンセルの申込み受付にて、
返金の銀行口座を指定します


3日後、自分の銀行口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
50,070円が振り込まれました!
(56,100円 ― キャンセル料金10%:5,610円 ―振込手数料420円)

サイトで購入に際には入力する情報は、氏名とメールアドレスのみ。
カード決済は、PayPal決済でした。

現金がどうしても必要な時には、簡単で安全は方法だと思います。

ただ、振込みには3日位かかるので
今すぐ現金が必要!という方は不向きです。



ブラックリストについて

ブラックリストとは?

そもそも「ブラックリスト」という名前のリスト自体は,金融業界にはありません。
では,なぜこのような「ブラックリスト」という名前が一般的に使われているのでしょうか。

クレジットカードを作ったりローンを組んだ場合,顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。
しかし,ある一定期間返済が滞ったり,破産が生じた場合,「事故情報(異動情報や延滞情報,ネガティブ情報ともいいます)」として登録されます。
これを通称「ブラック情報」と呼び,ここから俗的に「ブラックリスト」と広く言われるようになったのでしょう。

「事故情報」=「ブラック情報」=「ブラックリスト」

では,信用情報機関は,主に「銀行」「消費者金融」「信販会社」に分類されます。
業態により加盟する機関が異なっています。
現在は下記3機関があります。

◇全国銀行個人信用情報センター …銀行系の信用情報機関

◇ 株式会社 シー・アイ・シー(CIC) …信販会社の信用情報機関

◇ 株式会社 日本信用情報機構 …銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関
      ※2009年4月1日より,株式会社 Tera net(テラネット)や全国信用情報センター連合会(全情連)など当連合会加盟33情報センターから信用情報事業を委譲。
      ※2009年8月1日より,株式会社 シーシービー(CCB)は「株式会社日本信用情報機構」と合併。

この信用情報機関に「事故情報」として扱われるものと,その期間は下記となります。

・ 支払予定日より3ヶ月間支払いが遅れた場合…5年間
・ 自己破産…7年~10年間
・任意整理…5年間
・特定調停…5年間
・ 過払い金請求…5年間
・ 個人再生…5年間

上記期間内は,どこのクレジットも基本的には借入れができなくなります。
一部「闇金」と呼ばれるところは「ブラックOK」として借入可能だと思いますが,非常に高い金利となっています。

では,事故情報は期間満了前に消すことはできるのでしょうか。

それはどのような手段をつかっても,絶対に消すことは出来ません。
消せると言い,報酬を要求するような悪徳業者が存在するようですので絶対に応じないことです。


専門業者を使わない現金化、裏技はこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ