クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

裏技

ショッピング枠の現金化の裏技、体験談

クレジットカードの現金化という存在は、なんとなく知っていましたが、
詳しくは知りませんでしたし、もちろん利用したこともありませんでした。

ところが、色々なことが立て続けに発生して、
どうしても現金が手元に足りなくなってしまいました。
カード現金化を利用しようと、ネットで色々と調べてみました。

クレジットカードの現金化でネット検索すると、ランキング・サイトや口コミ・サイトは、
どこも業者の自作自演のものばかりで、やっとみつけた個人ブログの書込みでは、
「換金率がサイトに表示されたもの違った」とか「後からいろいろな手数料が、、、、」とか、
「免許証を写メで送る必要がある」とか、不安になる情報も出てきました。

ところが、個人ブログの中で、
現金化業者は使用しないで、一般のサイトを使って現金化する裏技の体験談を発見してしまいました。


この方法は、専門業者は使わず、個人情報やクレジットカードの番号を相手に
知られることもないので、後々面倒なことがない方法だと思います。

ずばりその方法とは、このサイトを使います。

CREATIVE ROOTS クリエイティブ・ルーツ
http://shop.creat-r.com/

「クリエイティブ・ルーツ???」と思った方。その気持ちはわかります。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトです。

一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…

ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんですね!

普通、ダウンロード販売のサイトでは、商品がデータなわけで、
簡単にコピーされてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・

実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律12%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですから。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる



私の場合は、114,170円のセット組素材商品を購入。


その後、サイトのキャンセル受付フォームに
自分の銀行口座を指定してキャンセルを申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,050円が振り込まれてきました。

購入額  114,170円

キャンセル料 -13,700円
銀行振込手数料   -420円
--------------------------------------
口座への入金額 100,050円
キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。


私の体験談としては、月末、ちょっと足りないかも!!ぐらいの時に、

ちょこっと利用するのには良いかと。

やみくもに現金化しても支払いは残るので、最後は自己責任ですが、
どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済のめどがきちんとあるという時は、

ネット上だけで簡単だし、安全な方法だと思います。



専門業者を使わない現金化の裏技、体験談

何だか妖しいクレジットカード現金化の専門業者ですが、
こんなご時勢、通常のキャッシング枠を使い切ってしまっている人は決して少なくないと思います。

私も、色々あって今月末なんとか凌げれば、あとはボーナスで穴埋め出来るのに、、、
と、いったことがありました。

でも、クレジットカードの現金化をやっているところには、やはり抵抗感がありました。

ところが、ネットで裏技的な体験談を検索してみたら、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法の体験談を見つけたのです。



それは、現金化とは関係ない普通のこのサイトを使う方法でした。

メディア・ライツ
http://m-rights.com/


このサイトは、ホームページなんかを作る人が利用する著作権フリーの素材を販売しているサイトです。


でも、どうしてこのサイトで、ショッピング枠の現金化が出来てしまうのか…


販売している素材は、1万円から20万円ほどで、
支払いにはクレジットカードです。


が、しかし、この販売サイトは購入後にキャンセル返金がOKなんです。。。。

その返金は、自分の銀行口座に振り込まれて戻ってくるのです。


データのダウンロード販売サイトってデータが、
簡単にコピーされてしまうじゃないですか?、だからふつーはキャンセルなんて出来ないんですけどね・・・

でもココは、
キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料が設定されていいるのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですからね。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料10%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、112,000円のセット商品を購入。


その後、サイトのキャンセル受付フォームに
返金してもらう為の自分の銀行口座を指定して返金申込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,380円が私の口座に入金されました。


この方法だと数十万円の現金が欲しい方には
無理だと思いますが。

何点か購入しすれば20万程度ならいけます。


あと、入金までに3日程かかるので
今直ぐ現金が手に入らないと困る!というような方は
ダメですね。


どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済の見込みがある方には
ネット上だけの手軽で安全な方法だと思います。

専門業者を使わない現金化の裏技、体験談

何だか妖しいクレジットカード現金化の専門業者ですが、
こんなご時勢、通常のキャッシング枠を使い切ってしまっている人は決して少なくないと思います。

私も、色々あって今月末なんとか凌げれば、あとはボーナスで穴埋め出来るのに、、、

と、いったことがありました。

でも、クレジットカードの現金化をやっているところには、やはり抵抗感がありました。

ところが、ネットで裏技的な体験談を検索してみたら、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法の体験談を見つけたのです。

それは、現金化とは関係ない普通のこのサイトを使う方法でした。

著作権フリー素材
http://sozai.tank.jp/

このサイトは、ホームページなんかを作る人が利用する著作権フリーの素材を販売しているサイトです。

でも、どうしてこのサイトで、ショッピング枠の現金化が出来てしまうのか…

販売している素材は、1万円から20万円ほどで、
支払いにはクレジットカードです。

が、しかし、この販売サイトは購入後にキャンセル返金がOKなんです。。。。

その返金は、自分の銀行口座に振り込まれて戻ってくるのです。

データのダウンロード販売サイトってデータが、
簡単にコピーされてしまうじゃないですか?、だからふつーはキャンセルなんて出来ないんですけどね・・・

でもココは、
キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料が設定されていいるのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですからね。

仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料10%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、112,000円のセット商品を購入。

その後、サイトのキャンセル受付フォームに
返金してもらう為の自分の銀行口座を指定して返金申込みを送信しました。

3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,380円が私の口座に入金されました。
換金率89.6%です。

あと、入金までに3日程かかるので
今直ぐ現金が手に入らないと困る!というような方は
ダメですね。

どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済の見込みがある方には
ネット上だけの手軽で安全な方法だと思います。

クレジットカードの審査に通る裏技

クレジットカード会社の審査において、
借入件数や延滞等の信用情報がそのカード会社の審査基準をクリアしていないと、
まずその時点で審査に通りません。

ただ、実際にはこの段階で引っ掛かった場合でも融資するケースもあるようです。
とりあえず例外については後でお話しすることにして、
まずは基本的な事から。

個人信用情報機関は、次の4つが主な機関になります。
・全国銀行協会(全銀協):銀行系の金融機関が加盟
・シー・アイ・シー(CIC):クレジット会社(銀行系、流通系、信販系等)が加盟
・シーシービー(CCB):クレジット会社(銀行系、流通系、信販系等)が加盟
・全国信用情報センター連合会(全情連):消費者金融(大手サラ金から街金まで)が加盟

これらの機関はお互いに情報の交流を行う事になっていますが、
実際に交換している情報は、延滞等の事故情報(ブラック)のみで、
単なる借り入れ等の契約情報(ホワイト)については交流を行っていません。

ですから、原則として、サラ金(全情連加盟)に申し込む際には、他業態の借金、つまり信販会社やクレジットカード(CICやCCBに加盟)のキャッシングについては申告する必要はない(バレない)という事になります(但し、過去に信販会社やクレジットカードの延滞等がないという事が前提ですが)。

勿論、信販会社に申し込む場合でも、サラ金の借り入れについてはバカ正直に申告する必要はありません。

実は、どの程度の延滞までを信用情報機関に報告(登録)するかという点については各社の判断次第ですので、1~2ヶ月程度の延滞くらいでは他業態にバレていない場合が多いです。

さらに、サラ金系で自社の事故歴を他業態系の情報機関には登録しないという業者も少なくありません。

例えば、プロミス、アコム、武富士、レイク等は、自社の延滞等をCICとCCBには登録していないようです。

企業ですから競争意識が働いているのでしょう(自社の情報をわざわざ他社に教えてあげる必要はないという事でしょう)。

また、実は審査の際にいちいちCICやCCBを見ないサラ金が多いようです。(CICやCCBに加盟しているにも関わらず)。

さらに他業態系の情報機関の事故情報(CRIN)を見ないサラ金がほとんどなんです。

以上のお話はあくまでも他業態間の情報機関の場合であって、
同業にはバレバレです(消費者金融なら他の消費者金融の借入件数や金額はまるわかりです)。
さらに、消費者金融では1日の遅れでも全情連(消費者金融の情報機関)に登録する場合が多く、
消費者金融で現在1日でも延滞中のものがある場合には他のサラ金の審査にはまず通りませんし、
全情連やテラネットに加盟している一部のクレジット会社にまで、
消費者金融の借入件数や数日の延滞がわかってしまいます。

最近は、テラネットという、他業態での利用状況を見る為の情報機関もあり、例えばテラネットに加盟している銀行系クレジット会社にサラ金の借入件数がバレています。
それに、消費者金融に融資をしている立場である銀行などは、融資先の消費者金融に全情連の情報(サラ金の借り入れ状況)を調べさせたり、また、銀行が消費者金融業界に進出するなど他業態同士の提携も進み、以前より情報交流も複雑に入り組んできています。

ですから、ここは基本に立ち戻って、他業態の借り入れ分については、思い切って0件と申告してみるのも良いでしょうね。サラ金に申し込むのなら、わざわざCICやCCBを見る業者は少ないのですから、他業態については「クレジットカードを1枚持っている」等、自然な感じで申告してみましょう。

消費者金融での借入件数が多い人は、全情連やテラネットに加盟していないクレジット会社に申し込むようにしてみて下さい。
尚、各社がそれぞれ加盟している情報機関については下記の通りです。
尚、状況は日々変化しているので、情報は厳密なものではありません。
予めご了承下さい。

◇ 銀行系
UC、DC、三井住友カード、ダイナース:全銀協、CIC、CCB 

JCB、UFJ、アメリカンエキスプレス:全銀協、CIC、CCB、テラネット

シティバンクカード:全銀協、CIC、テラネット
◇ 流通系

タカシマヤカード、伊勢丹アイカード、TOPカード:CIC、CCB
三越カード:全銀協、CIC、CCB
出光カード:CIC、テラネット
コスモ石油:CIC、CCB
ビューカード:CIC

セゾン、OMC、イオン、丸井、ポケットカード、UCS(ユニー)、ユピ(ファミリーマート):CIC、CCB、テラネット
ローソンパス(ローソンCS):CIC、テラネット
東武:CIC、CCB、テラネット
京王パスポート:CIC、CCB
NTTグループカード、トヨタカード(TS3):CIC

◇ 信販系

セントラルファイナンス(CF)、アプラス、ジーシー(GC):CIC、CCB、全情連

日本信販(NICOS)、オリコ、ジャックス、国内信販(KC):CIC、CCB
クオーク:全銀協、CIC、CCB



現金化業者を使わない、安全な裏技はこちらをご覧下さい





無職でもお金を借りる事が出来る裏技

無職でもお金を借りる事が出来る裏技とは?

ズバリ、個人事業の開業届を提出して個人事業主になることです。

ブログ1個あれば「個人事業主」に成れます。審査も基準もなく無料です。
税務署に出向いて印鑑を押して書類を1枚提出するだけです。
1時間も掛りませんし、審査もありません。
税務署は税金を払おうとしている人には寛大です。

なぜ、個人事業の証明書があると良いかというと、
平成22年の6月からの消費者金融の総量規制は、
個人事業主様は対象外なので 法的にはいくらでもお金が借りれます。
開業届でいくらまで貸してくれるかは、あとは消費者金融会社との折り合いになると思いますが、
消費者金融側も貸す相手が少なくなってきていて、台所事情が厳しいことを考えると、
法的に規制されてない個人事業主なら前年度収入の証明書がなくても、
開業届の証明書でお金を借りることが出来るところがあると思います。


現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ