結論から言うと、現在の法律や規制には触れていない為、合法だと言えます。

一般的な現金化業者の仕組みは、
1、利用者が、現金化業者からカードで商品を買う
2、現金化業者は、利用者に対してキャッシュバックを行う
という感じです。

キャッシュバックのように消費者に向けて、何かの特典を提示して購入を誘引することは、
不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)という法律で規制されています。
現金化業者のキャッシュバックサービスは、この景品表示法で定めるところの
「もれなく懸賞型」に該当し、「景品の最高額は取引価額の10%以下」とされています。
しかし、キャッシュバックの場合は景品に該当せず「例外」とされているため、
この10%の規制の例外とされています。


つまり、現金化サービスは「大手家電量販店のポイント還元と同類」
という見方ができてしまうのです。

しかし、このような一般的な買い物のポイント還元やキャッシュバックと
クレジットカードの現金化業者では決定的に違うことがあります。

それは、その商品自体に取引額相応の価値があるか否か、ということです。

現金化業者が利用している「商品」の価値は数百円、よくて数千円程度しかありません。
この場合「商品」は、通常の買い物であることを偽るカモフラージュである、利用する消費者も現金化業者も「商品」自体の価値は求めていないのは明白であり、
「実際には数百円くらいの価値しかない物を、何十万円も出してカードで買う」ことになります。

従って、このようなクレジットカードの現金化には、クレジットカード会社に対しては詐欺行為(現金を騙し取る)等、法に反する行為に繋がる可能性が十分にあり、なによりカード会社の利用規約違反となります。

つまり、「合法だから全く問題がない」という訳でありません。

専門業者を使わない現金化の体験談は、こちら