クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

クレジットカード

クレジットカード現金化詐欺に騙されないように

クレジットカード現金化で優良サイトを選ぶ場合に
比較する一つのポイントとなるのがキャッシュバック率です。

クレジットカード現金化で利用者は現金を入手することが目的なので、
キャッシュバック率が多ければ多いほど良いと考えていると思います。

しかし、それは間違いで詐欺を行う業者に十分に注意し見極める事が重要です。

比較的優良な会社はキャッシュバック率が7割から8割に集中しているようです。

クレジットカード現金化で9割以上の会社は、
まず最初に詐欺を警戒した方が良いかと思います。

もちろん該当する全ての業者がそうであるとは、限りませんが、、、

クレジットカード現金化に限った事ではありませんが、
どんなサービスでも適切な価格というものがあると思います。
キャッシュバック率が9割以上では、業者側にはほとんど利益が残らないはずです。

キャッシュバック率と詐欺にはくれぐれもご注意して下さい。

また、詐欺ではなくても手数料などがかかり、
最終的には7割程度になる場合も多いので、
クレジットカード現金化を行う際には手続きのときの電話で必ず、
実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。
出来れば、メールで証拠が残るような形で金額を確認できるとベストだと思います。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカード現金化 株式会社フリークレジット

当サイトへの検索キーワードで、
「クレジットカード現金化 株式会社フリークレジット」というのが結構あり、
気になったので、ちょっと検索してみました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
カード枠現金化 株式会社フリークレジットは、最大98.5%、最短3分でのお振り込みで現金化できます。
株式会社フリークレジットってカード枠現金化業者さんで株式会社ってあり得るんですかね(笑)

実際、利用してみたんですが最終的に色々手数料やら引かれて7割ちょっとって感じでした、、、。
びっくりしたのがお振り込み時間。
最短3分とありますが15時ぎりぎりに振り込まれて、かなり不安でした。

-------------------------------------------------------------------------------------

あと、
------------------------------------------------------------------------------------
ここは、もう一つの現金化業者 換金堂と同じ会社による運営です。
住所も近く、IPアドレスも同じ、プランの内容も同じなので間違いないかと。

現金化の方法としては、買取の方法を行なっているよう。
業者が送ってくる商品(CD-Rらしい)が届いたら
それを業者へ送り返してから現金を振り込んでくれるようです。
時間が何日間かかかるプランがほとんどで、
即日プランもありますが、来店プランが無いです。
振込みのみ対応となります。

HP上の住所は渋谷区とのみ記載されておりますが、
以降の番地からの住所が記載されておりません。

お申込みは全てネットか電話で行なうようになります。
結局最後まで話を聞かないで電話を切ってしまったので、細かいことなどは不明です。
通常プランだと利用してから1週間~2週間後に振り込むプランなので、
ほとんどの人が即日のプランを選ぶんじゃないでしょうか。

1週間~2週間後に振り込まれるなんて先のこと過ぎだし、
利用する時って大体急な入用の場合なんで、このスタンダードのプランはあまり必要ない気が…。

電話対応は他の現金化業者と変わらない。
「まずは受付してください」と言うばかり。
話はそれからだ。みたいな感じです。

------------------------------------------------------------------------------------------

ここのHPには、大きく「東京公安委員会 許諾店 第●●●●●●」と
貸金業とは無関係な、古物商認可の番号が、、、
住所の番地の表示が無いことなど、どうなのでしょうか?

まあ、ご判断、ご利用はあくまで自己責任で、ということでしょうか。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

専門業者を使わない現金化の裏技、体験談

何だか妖しいクレジットカード現金化の専門業者ですが、
こんなご時勢、通常のキャッシング枠を使い切ってしまっている人は決して少なくないと思います。

私も、色々あって今月末なんとか凌げれば、あとはボーナスで穴埋め出来るのに、、、

と、いったことがありました。

でも、クレジットカードの現金化をやっているところには、やはり抵抗感がありました。

ところが、ネットで裏技的な体験談を検索してみたら、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する方法の体験談を見つけたのです。

それは、現金化とは関係ない普通のこのサイトを使う方法でした。

著作権フリー素材
http://sozai.tank.jp/

このサイトは、ホームページなんかを作る人が利用する著作権フリーの素材を販売しているサイトです。

でも、どうしてこのサイトで、ショッピング枠の現金化が出来てしまうのか…

販売している素材は、1万円から20万円ほどで、
支払いにはクレジットカードです。

が、しかし、この販売サイトは購入後にキャンセル返金がOKなんです。。。。

その返金は、自分の銀行口座に振り込まれて戻ってくるのです。

データのダウンロード販売サイトってデータが、
簡単にコピーされてしまうじゃないですか?、だからふつーはキャンセルなんて出来ないんですけどね・・・

でもココは、
キャンセルに対して、一律10%の
キャンセル料が設定されていいるのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですからね。

仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料10%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、112,000円のセット商品を購入。

その後、サイトのキャンセル受付フォームに
返金してもらう為の自分の銀行口座を指定して返金申込みを送信しました。

3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,380円が私の口座に入金されました。
換金率89.6%です。

あと、入金までに3日程かかるので
今直ぐ現金が手に入らないと困る!というような方は
ダメですね。

どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済の見込みがある方には
ネット上だけの手軽で安全な方法だと思います。

クレジットカードの審査に通る裏技

クレジットカード会社の審査において、
借入件数や延滞等の信用情報がそのカード会社の審査基準をクリアしていないと、
まずその時点で審査に通りません。

ただ、実際にはこの段階で引っ掛かった場合でも融資するケースもあるようです。
とりあえず例外については後でお話しすることにして、
まずは基本的な事から。

個人信用情報機関は、次の4つが主な機関になります。
・全国銀行協会(全銀協):銀行系の金融機関が加盟
・シー・アイ・シー(CIC):クレジット会社(銀行系、流通系、信販系等)が加盟
・シーシービー(CCB):クレジット会社(銀行系、流通系、信販系等)が加盟
・全国信用情報センター連合会(全情連):消費者金融(大手サラ金から街金まで)が加盟

これらの機関はお互いに情報の交流を行う事になっていますが、
実際に交換している情報は、延滞等の事故情報(ブラック)のみで、
単なる借り入れ等の契約情報(ホワイト)については交流を行っていません。

ですから、原則として、サラ金(全情連加盟)に申し込む際には、他業態の借金、つまり信販会社やクレジットカード(CICやCCBに加盟)のキャッシングについては申告する必要はない(バレない)という事になります(但し、過去に信販会社やクレジットカードの延滞等がないという事が前提ですが)。

勿論、信販会社に申し込む場合でも、サラ金の借り入れについてはバカ正直に申告する必要はありません。

実は、どの程度の延滞までを信用情報機関に報告(登録)するかという点については各社の判断次第ですので、1~2ヶ月程度の延滞くらいでは他業態にバレていない場合が多いです。

さらに、サラ金系で自社の事故歴を他業態系の情報機関には登録しないという業者も少なくありません。

例えば、プロミス、アコム、武富士、レイク等は、自社の延滞等をCICとCCBには登録していないようです。

企業ですから競争意識が働いているのでしょう(自社の情報をわざわざ他社に教えてあげる必要はないという事でしょう)。

また、実は審査の際にいちいちCICやCCBを見ないサラ金が多いようです。(CICやCCBに加盟しているにも関わらず)。

さらに他業態系の情報機関の事故情報(CRIN)を見ないサラ金がほとんどなんです。

以上のお話はあくまでも他業態間の情報機関の場合であって、
同業にはバレバレです(消費者金融なら他の消費者金融の借入件数や金額はまるわかりです)。
さらに、消費者金融では1日の遅れでも全情連(消費者金融の情報機関)に登録する場合が多く、
消費者金融で現在1日でも延滞中のものがある場合には他のサラ金の審査にはまず通りませんし、
全情連やテラネットに加盟している一部のクレジット会社にまで、
消費者金融の借入件数や数日の延滞がわかってしまいます。

最近は、テラネットという、他業態での利用状況を見る為の情報機関もあり、例えばテラネットに加盟している銀行系クレジット会社にサラ金の借入件数がバレています。
それに、消費者金融に融資をしている立場である銀行などは、融資先の消費者金融に全情連の情報(サラ金の借り入れ状況)を調べさせたり、また、銀行が消費者金融業界に進出するなど他業態同士の提携も進み、以前より情報交流も複雑に入り組んできています。

ですから、ここは基本に立ち戻って、他業態の借り入れ分については、思い切って0件と申告してみるのも良いでしょうね。サラ金に申し込むのなら、わざわざCICやCCBを見る業者は少ないのですから、他業態については「クレジットカードを1枚持っている」等、自然な感じで申告してみましょう。

消費者金融での借入件数が多い人は、全情連やテラネットに加盟していないクレジット会社に申し込むようにしてみて下さい。
尚、各社がそれぞれ加盟している情報機関については下記の通りです。
尚、状況は日々変化しているので、情報は厳密なものではありません。
予めご了承下さい。

◇ 銀行系
UC、DC、三井住友カード、ダイナース:全銀協、CIC、CCB 

JCB、UFJ、アメリカンエキスプレス:全銀協、CIC、CCB、テラネット

シティバンクカード:全銀協、CIC、テラネット
◇ 流通系

タカシマヤカード、伊勢丹アイカード、TOPカード:CIC、CCB
三越カード:全銀協、CIC、CCB
出光カード:CIC、テラネット
コスモ石油:CIC、CCB
ビューカード:CIC

セゾン、OMC、イオン、丸井、ポケットカード、UCS(ユニー)、ユピ(ファミリーマート):CIC、CCB、テラネット
ローソンパス(ローソンCS):CIC、テラネット
東武:CIC、CCB、テラネット
京王パスポート:CIC、CCB
NTTグループカード、トヨタカード(TS3):CIC

◇ 信販系

セントラルファイナンス(CF)、アプラス、ジーシー(GC):CIC、CCB、全情連

日本信販(NICOS)、オリコ、ジャックス、国内信販(KC):CIC、CCB
クオーク:全銀協、CIC、CCB



現金化業者を使わない、安全な裏技はこちらをご覧下さい





クレジットカードで公共料金を支払う裏技

毎月毎月かかる公共料金。
電話代や電気代、ガス代、水道代など、毎月毎月かかる公共料金ですが、
基本的にこれらの公共料金は、現金での支払いしかできないことになっています。

しかし、実は一部のコンビニでは、コンビニが発行するクレジットカードで公共料金の支払いができてしまう裏技があります。

またクレジットカードのポイント制などによっては、その分得になることもあります。
公共料金はクレジットカード支払いができないという常識を覆す裏技です。
それではその方法をご紹介します。

【ファミリーマートで支払う!】
コンビニもいくつか数はありますが、その中のファミリーマートで発行するクレジットカード 「ファミマカード」 で公共料金を支払うことができてしまいます。
このカードで支払えば、クレジットカードの引き落としの日まで、お金を払わなくてもよくなりますので、現金がないときには助かるかもしれません。

このカードは、年会費も無料。

さらに、公共料金の支払い分に対してもクレジットカードのポイントが貯まるのです。
さらにさらに、このカードがあれば、特定の曜日にファミリーマート内の商品が割引で変えてしまうという特典まであるのです。

無料で作れるこのカード。
もしファミリーマートをよく利用する方であれば、ぜひぜひ持っておきたい1枚です。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ