クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

カード

カード現金化の業者選びのポイント 還元率について

今日も、クレジットカード現金化の口コミ、体験談をピックアップしてみます。


カード現金化業者を利用しようと考えている人が最も重視するのが、還元率だと思います。

還元率とはクレジットカードのショッピング枠に対して、いったいどれだけの比率で現金化できるかということなので、クレジットカードを利用して現金を手にしたいと思っている人にとっては最大の関心事です。


業者を比較する際に還元率を最も重視するのは当然のことで、これは業者側にとっても百も承知のことです。

そのため、業者は高い還元率を提示して自分のところが選ばれるようにしています。


還元率の最大は100%です。

しかし、100%というのは実際のところは有り得ません。

なぜならクレジットカードを現金化する際に決済すれば決済手数料がカード会社より請求されることになりますので、最低でもそれを差し引いた金額でないと赤字になってしまいます。


その上に業者の取り分である現金化手数料を差し引かないことには商売にならないので、利用者のところに還元されるのは、その後の金額です。


色々な業者のサイトや広告を見ていると、

だいたい93%だとか95%だとか、ほとんど100%に近い数字が並んでいます。


これを単純に計算すると、ほとんどロスなく現金を手にすることができるので早速依頼を・・・、


ここでちょっと待ってください。

クレジットカードを飲食店などで決済した時には手数料が上乗せされるのをご存知だと思います。

特に女性が接客するような店や風俗に近いようなお店になると、その上乗せ分は大きくなることが通常です。

少ないところで10%、多いところでは30%程度上乗せされることすらあります。

普通に飲食をしただけでもこんな手数料が請求されるのに、現金化だとこんな数%の手数料で良いのでしょうか?


私はまず、この点に疑問を感じました。

業者にもよりますが、そこには色々なカラクリが見え隠れしています。


例えば、現金化する金額によって還元率が変わるという場合があります。
100万円以上であれば92%となっているとしても、実際のところクレジットカードの現金化をしようとしている人が限度枠100万円のカードを持っているとは考えにくいので、現実味に乏しいケースを想定した還元率提示に注意
するようにしてください。


カード現金化の裏技・体験談はこちら

口コミ体験談3

口コミ・サイトに
「振込自体は78%程度になりました12万決済で93000¥振り込まれました」
という口コミのあった現金化業者に申し込みましたが、、、、

実際には、10万円を申し込み、戻ってきたのが、7万3千500円。
消費税で5000円を取られたので、実質6万8千500円の、68,5%。
本当に困っていたので、助かったといえば助かったのですが・・・・・。

業者のサイトには、還元率88%!

口コミでは78%(多分この書き込みも嘘!)
実際は、68.5%でした。


クレジットカードの現金化、裏技・体験談はこちら

カードのショッピング枠を低手数料で現金化する裏技

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには専門業者を使う方法が一般的ではないかと思います。
しかし、手数料として金額の10~20%前後の手数料がかかります。
仮に20%だったとして20万円を現金化すると40,000円も手数料がかかってしまいます。

そこで、Yahooオークションで利用できるYahoo簡単決済を使用し現金化する裏技があります。
このサービスの概要としてはYahooオークションにて落札したものの代金をクレジットカードでも支払えるというものです。
出品者がYahoo簡単決済のカード支払いを許可していれば利用可能です。
金額が6,001円以上は金額の5.25%の手数料が落札者側に別途請求される仕組みです。

実行するには2枚のクレジットカードを使用しYahooオークションIDを2個(出品用、落札用)取得する必要があります。
クレジットカード1枚につき1IDしか取れないためです。

クレジットカードが1枚しかない場合は、ジャパンネット銀行かイーバンク銀行の口座を作ってもう1個IDを作るか家族や知人友人などに協力を要請しましょう。

次に、出品用IDで架空の出品をします。
出品前にYahoo簡単決済での支払いが受けられるように手続きをすることと
出品ページでYahoo簡単決済での支払いをOKすること忘れないでください。

登録の際は現金が振り込まれる銀行、信金、信組、農協、ぱるるなどの口座が1つ必要になります。
出品の金額は自分が必要とする現金の額で即決(希望落札価格)に設定にしましょう。
額にもよりますが10万円台であれば一眼デジカメやパソコンなどが良いかもしれません。

出品が終わったら、別の人に落札をされないようにするため、すぐに落札用のIDで落札をします。
落札後にYahoo簡単決済のカード支払いを行ってください。
支払いの手続きが終わると即時出品者に自動的に連絡のメールが届きます。

出品ID宛に確認のメールがきますので、確認後ペイメントでの支払いを許可すると2日くらい(土日祝など営業時間外を除く)で指定の口座に入金されます。
その際、手数料は出品者側にはかかりませんので、10万円なら10万円満額振り込まれます。
手数料は落札者側に請求されます。

このYahoo簡単決済の上限金額は忘れてしまいましたが、20万円は確実にできたと思います。
現金化するまで2日ほどかかりますが、低額でも低利息で現金化が可能です。

オークション利用料2ID分の手数料は微々たるもの(1IDあたり1ヶ月で約300円)なので、それを入れても手数料がお得です。


現金化の裏技・体験談はこちらをご覧下さい

現金化業者を使わないクレジットカード現金化裏技

カンタンにネット上だけで、
安心してクレジットカードのショッピング枠を
現金化する体験談の口コミをお教えします。



この裏技は、いわゆる専門業者を使わない方法の体験談です。


実は、この体験談の口コミは、偶然目に止まったものです。

その方法とは、このサイトを使った方法です。

著作権フリー素材
http://sozai.tank.jp/

「フリー素材?」と思った方。そうなんです、ぜんぜん現金化とは関係ないサイトなんです。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトですが、

実はココ、クレジットカードでダウンロード購入後に、キャンセル返金(銀行振込)に対応してくれるのです。

普通、この手のダウンロードサイトは、
デジタルデータの商品が簡単にコピーできてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・

実はそこがポイントで、このサイトでは、キャンセルに対して、一律
10%のキャンセル料を課しているわけです。
素材をタダで根こそぎダウンロードさせない為の対策ですね。


私が利用した時は、56,100円の素材をカードで購入。

その後、サイトのキャンセルの申込み受付にて、
返金の銀行口座を指定します


3日後、自分の銀行口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
50,070円が振り込まれました!
(56,100円 ― キャンセル料金10%:5,610円 ―振込手数料420円)

サイトで購入に際には入力する情報は、氏名とメールアドレスのみ。
カード決済は、PayPal決済でした。

現金がどうしても必要な時には、簡単で安全は方法だと思います。

ただ、振込みには3日位かかるので
今すぐ現金が必要!という方は不向きです。



カードのショッピング枠

改正貸金業法が施行され、キャッシングの借入額について年収の3分の1以下に制限されることになりました。

カード会社としては、総量が規制されるわけですから、市場規模縮小と顧客の奪い合いで経営上大きな環境変化になります。


そこで注目されるのが、「ショッピング枠の拡大」と「リボ払い」の推進です。


キャッシングの枠を使い切った多重債務の方が次にとる行動は・・・「ショッピング枠の現金化」です。インターネットで検索するとたくさんの広告がさ れています。たとえば「利用者はカードで10万円の買い物をして8万円を業者からキャッシュバックしてもらう。カード会社に対しては10万円をリボ払いで 返済する。」というシステムです。

一応買い物の体裁をとるために、実際にCDとかおもちゃのペンダントとかが送られてきます。


業者の広告には「違法 ではありません」と書いてあります。


返済のためにどうしてもお金が必要な時、闇金に借りるよりマシと思われる方もいるかもしれませんが、闇金を利用するよりもタチが悪いと言えます。


闇金は「闇金自体が犯罪」ですので、闇金から借りたお金は元金も含めて返済する必要がないという判例もあります。

しかし、クレジット枠の現金 化は、利用者自身がカード会社に対する詐欺として犯罪になる可能性もありますし、カード会社に対する返済義務は残ります。

また自己破産などの法的整理を選択し た場合、「詐術」として免責不許可事由に該当します。




専門業者を使わない現金化、裏技はこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ