クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

クレジットカード比較

カードの手数料について。もっと商店側の気持ちも分かってほしい。 クレジットカー...

最近結構忙しくて、すこーし疲れてます、、、、

さてさて、
本日の話題なんですが、

カードの手数料について。もっと商店側の気持ちも分かってほしい。
クレジットカードの手数料
ほとんどが一期一会の飲食店は、例えば3000円でもカード、と言われれば仕方ないです。商店にとってもカードは便利です。4%~7%引かれて、1~2ヶ月後に入金があります。手数料が引かれてカード会社の利益になりますから当然だと思います。入金が遅いのも、手続きや確認がありますから当然でしょうが、もう少し早くする努力もしてほしいです。今や大手のみならず小さな個人商店もクレジット機能がお客様から求められますから、経営上の便利です。
いま一つ納得しきれないシステムが、お客様から手数料を頂いてはいけないということです。これはカード会社が、クレジットのシステムを使わせてやっている。という上から目線の規約にしか思えません。カード会社→商店→お客様の流れからみるとカード会社にとっても商店はお客様のはずなのです。そしてカードを使ってくれるお客様を呼ぶのは商店の経営努力なのです。商店なくしてカード会社の利益はないのです。
…と延々と語りましたが何を言いたいかといいますと、
「お客様から手数料を頂くのも頂かないのも商店の自由でいいのではないか。」それで納得すれば利用すればいいしいやなら利用しなければいいのです。なぜカード会社からその自由を決められなきゃいけないのか。カード会社にすれば同じ収入なのですからどっちでも本来はいいはず。上から目線。それを感じずには居られません。私だったら手数料払ってもいいです。なぜなら、今現金がなくても買え、食べられるというメリット、会社によってはポイントまでもらえ、手数料払ってもいいくらいの価値はあるはずです。車を買うときの金利と同じように。ずっと思っていたのですが、同じ意見が知恵袋にないので聞いてみます。この考えは間違っていますか?理解できますか?


- 回答 -
オーストラリアでは、法律で加盟店が手数料を加算する事が可能になってる。
(ただし、強制ではなく加盟店ごとの判断。)
http://www.sonyfinance.co.jp/howto/attention.html#05

日本でもオーストラリアと同じ法律を作れば良い事になるのだが、その為にはオーストラリア並みにカード決済が一般化しないと無理だろう。

オーストラリアでこのような法律が出来た背景には、殆どの店舗でカード決済が出来るようになっているからという指摘もあるようだ。
http://au.fcbe.net/blog/2005/04/post-27.html

また、日本以外の国では、現金の信用度が非常に低く、キャッシュレス決済に頼らざるを得ないという実情もある。

日本の場合は、世界的では稀に見る現金の信用度が高い国であり、加えて借金に対するネガティブなイメージが強い国民性も相まって、キャッシュレス決済の普及率が非常に低い。

このような中で、カード決済のみ手数料を取るような施策を出してしまうと、ただでさえ低い普及率が、より低くなる確立が高い。

カード会社としては、上記の点を恐れて加盟店側の負担を強いているのではないかと推測する。

現金の信用度が高い余り、現金を扱う上でのコストが軽視される点も留意する必要があるのではないだろうか。

一般的には、現金のオペレーティングコストが高いと言われている。
にも関わらず、日本で現金決済が未だ主流であるのは、先に書いた信用度・借金に対するイメージなどの他に、盗難の危険性が低い事や、偽札・偽造硬貨の出現率が低い事などの背景があり、「現金信仰」とでも言うものが根強く残ってしまっている事から、あたかも現金決済はコストが掛からない(あるいは、非常に安上がり)という誤ったイメージが付いてしまっている事も問題では無いかと思っている。

いたずらに「治安が悪くなれば良い」とは思わないが、現金決済が主流である余り、消費者には見え難い、高いコストを払わされているという点に店舗が気付かないといけないのではないかとも思う。

そういった意味で、長い目で見れば、仮に手数料の負担を強いられたとしても、現金のペレーティングコストが下がる事でバランスが取れていく可能性もあるという事に気付くべきではないだろうか。

今一度、現金を扱う上でのコストや、(盗難などの)リスクについても冷静に考えて、カード決済の扱いを検討してもらいたいというのが、一消費者としての自分の意見である。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、皆様、また!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカード比較 クレジットカードのメインカードについて悩んでいます。 今...

みなさん、お元気ですか?

さて、
本日の情報です。

クレジットカード比較
クレジットカードのメインカードについて悩んでいます。
今メインにライフカードを使用しています。月の使用額は平均4~5万円程度です。
今回P-ONEカードというのを知りましてどちらがお得なのか気になっています。
ポイント還元、1%引き等を考えるとP-ONEカードと比較した場合、ライフカード
とどちらがよりお得になるでしょうか?
ちなみに楽天等はあまり使用せず、マイルも貯めていません。

以上、よろしくお願いします。


- 回答 -
リボ、分割なしで年間50万円の支払いをしているということですと
大きな差はないと思います。

上の条件で単純計算すると基本的に両者500P。
P-ONEの場合、1年で10ヶ月利用があると+100P、1%割引分5000円
ライフだと利用額ボーナス+250、その他メール通知ボーナス(10P*12回?)など。
誕生月はポイント5倍だから4~5万で+160~200P

ポイントの使い道での換金率
商品券 3000円券で480P/900P、5000円券で750P/1200P(ライフ/P-one)

ネットバンクへのキャッシュバック
P-ONE 1ポイント3円。300ポイント(+100P単位)で交換。
ライフ Gポイントというポイント交換サイト経由でネット銀行へ。
 ライフ200Pが最終的に800円、1ポイント4円。

あとは毎月7日のポイント10倍と誕生月ポイント5倍のときにどれだけ集中できるかですが。

私はP-ONEユーザーで、ライフを使おうか検討していたもので↑のような計算はやってました。
(間違ってる部分もあるかもしれませんが)
当時はライフにはポイントの期限の繰越制度がありませんでしたし、
利用が少なくなったとき、ポイントが貯まらなくてもお得なのはどちらかと考え、
悩んだ末にPーONEにしました。
(最悪2年で1回キャッシュバックできればいいや、という感じでした)

長くなりましたが参考になれば幸いです。

追記修正
あれ?特典とか考えないと、今でもP-ONE有利かも(笑)。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

いかがでしたか?本日のネタは?
では、また!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

個人信用情報の開示を行い信用情報に傷が無いかどうか確かめたいのですが、知人に...

ほんとーに、日本には、まともな政治家はいないのでしょうか?

さてさて、
今日もネットで見つけた口コミ情報です。

個人信用情報の開示を行い信用情報に傷が無いかどうか確かめたいのですが、知人に開示した記録が残るのでやめたほうが良いと言われました。開示の記録が残ると何かローン借り入れ等に不利な事でもあるのでしょうか?

- 回答 -
■私の経験談です。知人の方が言っている事は間違っておりません、ただし、質問者様が信用情報機関全てを閲覧されるのか、住宅ローンのみ(つまり公庫でも窓口銀行の使用する情報機関)だけなのかにもよります。閲覧記録は必ず情報として残ります。誰が(個人が、どこの信販が、銀行が、いつ、どのような利用目的で)閲覧したのか、普通の方は閲覧請求あるいは直接情報機関に出向いたりはしません。(稀に知りたくて行く方いますね)ご存知の通り閲覧の理由を申請書に書きます。一般的には「ローンを組もうとしたら断られたため理由を知りたい」ですよね、そうでない今回でも閲覧記録を住宅ローン審査前に見に行くのは得策では有りません。最新の情報で貴方が仮にOKな方である確立が高いほど行かない方が良いです。逆に本人閲覧申請記録があるために審査がより厳しくなり、通常使用しない別の情報機関まで使われ調べられる確率を高くします。住宅ローンの審査後、
お断りを受けた時に『なぜ通過しなかったのか、理由を調べたい、確かめたい」としていかれた方か良いです。どうしても行くのなら、閲覧理由は事実と違う情報を載せられていると気分が悪いとか、も有りますが、結果は同じ、質問者様が調べた日と審査予定日が近ければ近いほど疑われます。
 
 奥の手です。ETCカード等、年会費の掛からないカードの申し込みをします。銀行系のです。それで審査が通らなければ行きましょう。ETCカードの申し込みなら銀行も(公庫等)怪しむ事はないでしょう。そして理由は先程の通り、カードを作ろうとしたらNG,事実と違う情報が記載されているかもしれないため閲覧したい・・で行かれるか、郵送請求です。間違っても、普通のクレジットカードは駄目。それくらい情報機関の記録については気をつけたほうが良いです。×貴方ご本人が、住宅ローンより先に閲覧してはいけません。○カード会社に先にさせるのです。判りましたか?銀行系のカードであれば少なくとも先の閲覧希望の情報機関でしょう。申込書の約款に書いて有りますからお判りですね。最後に、貴方が悪質な方で、延滞を起こし、さらに踏み倒し手入れば、ブラックです。延滞しながらも(遅れながらも)完済されたのならグレーです。グレーの方でも、カード会社の印象を悪くしていれば悪い事実を記載されます。だから閲覧確認なのです。 失敗すると辛いですから、何回も書きます。閲覧は個人の自由です。しかし、今回は個人が先に 「何も無いのに(本当は違いますけど)」 閲覧することが不利になるから止めておいたほうが良い と知人さんと私は言っています。

 閲覧自由としながら情報機関は個人の現在の情報を集めるのです。個人情報ですから本人確認書類の提出が義務付けされいますよね。開示は個人様に限りOKです、どーぞ手数料を納めて、私どもに最新情報をご提供下さい、情報を直してくれて有難う・・・って書くと削除かな。
長文にて失礼しました。良い家をお建てください。
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、皆様、また!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

利用限度額を引き上げる方法

クレジットカードの利用限度額引き上げには大きくわけて二種類の方法があります。
 
◇恒久的な利用限度額アップ 《審査は厳しい》
恒久的な利用限度額アップとは、利用限度額を引き上げたままにするということです。
毎月のクレジットカード利用額が多く、今の利用限度額では足りないという場合などにこちらの引き上げ方法を使います。

◇一時的な利用限度額アップ   《 審査は易しい》
海外旅行や引越し、結婚資金など、一時的にクレジットカードを使う機会が増える場合に使えるのがこちらの一時的な利用限度額アップ。
あくまで一時的なものなので、1ヶ月といった期間でのみ、利用限度額以上の金額がクレジットカードで支払えるようになります。

利用限度額の引き上げ理由が一時的な支出増であれば、審査があまり厳しくはない一時的な利用限度額アップで充分。
よほど利用履歴が悪い方でなければ、簡単に引き上げに応じてくれると思います。

利用限度額の引き上げ方法は?

クレジットカードの利用限度額引き上げ方法は至って簡単。

カードの裏側に記載されている電話番号に連絡し、電話オペレーターに対して利用限度額の引き上げを依頼します。

 

電話相談時に聞かれることが多い質問例:

・引き上げは恒久的なものか?一時的なものか?

・どのくらいの金額を引き上げたいのか?

・限度額を増やしたい理由はなにか?

(特に一時的アップを希望する場合)

 

どれも素直に答えれば問題ないので、適切に答えてください。


一時的な利用限度額アップについてはその目的を適切に説明できる限り、よほどクレジットカードの利用履歴が悪い方(返済の遅れが多いなど)でなければ応じてもらえる可能性が高いです。

海外旅行などの際にはまず断られることは少ないはずです。



現金化業者を使わない、安全な裏技はこちらをご覧下さい

カード会社への連続申込みについて

クレジットカードを新規に申し込む際に、「審査に通るかどうか不安なので、他社にも申し込んでおきたい。」とか、審査に落ちてしまったので、直ぐに他社に申し込みたい、などといったことがあると思います。
そこで気になるのは、クレジットカード会社側がどの程度の情報まで把握しているのか、という事だと思います。

信用情報機関への情報登録の時期は、各業者により異なります。
クレジットカード会社の場合は1ヶ月分を一括登録という業者が多いようです。
消費者金融では、全情連への登録はどこの業者もこまめに毎日行っていますが、CICやCCBに対しては月1回の業者もあれば登録自体しない(怠る)業者もあるというのが実状です。
結果的に、全情連の情報は精度が高く、審査の上で重視されるということになります。

また、各支店からそれぞれ登録する業者もあれば、本社がまとめて行う業者もあります。
ここで、同時に複数の業者に申し込んでもバレないのでは、そして(契約情報が反映されるまでの隙に)複数の業者から借りれるのでは、と考えてしまう人もいることでしょうね。

しかし、残念ながら現実はそんなに甘くありません。
たしかに、各業者が登録しなければ反映(更新)されない、契約や事故の情報についてはその通りです。
消費者金融からまめに登録が行われている全情連の情報でさえ多少のタイムラグが発生します。

しかし、それとは別に「新規申込」と「途上与信」というデータがあるのです。
特に「新規申込」は各社が目を光らせている情報で、「申し込みを受けた業者が審査の際にデータベースに照会した時点」で自動的に出てしまうので、誤魔化しようがないのです。
各社はこの情報によってどこの業者にいつ申し込みをしたかをリアルタイムで知ることができるのです。

「新規申込」の情報は一定期間を経過すると消えます。
契約情報の登録によりデータが更新されれば、申込情報は必要ありませんから。
その一定期間については、全銀協は3ヶ月、CICとCCBは6ヶ月。
全情連やテラネットは1ヶ月となっていますが実際は2~3週間です。
つまり、消費者金融の場合、2~3週間で申込情報が消える事になっているのですが、1ヶ月経ってから次の会社に申し込む方が安全だと思います。
ちなみに、同じ会社に再び申し込む場合、最低でも半年は空けて下さい。
その会社に以前の申し込みの記録が残っているというだけでなく、半年以内では余程の理由がない限り再審査の対象にはならないからです。

現金化業者を使わない、安全な裏技はこちらをご覧下さい
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ