クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

現金化で失敗しない為に

申し込みブラックの場合の融資裏技

申し込みブラックとは、短期間に3社以上の金融機関にキャッシング(融資)などを

申し込んだ場合に、受付を拒否されることをいいます。


消費者金融など金融機関への申し込み時に、金融業者は信用情報を情報機関に開示請求します。

ほぼ同時期に3社申し込めば3回開示されるといった具合です。

たとえば、数日のうちに3社連続で申し込んだ場合、

申込者が多重債務者になるリスクがあると考え、実際お金を借りていなくても、

金融業者は融資を敬遠するようになります。

この履歴は1ヶ月前後残ってしまうので、必要な時にお金を借りたいと思っても

借りれないという状況になってしまうのです。


そこで、よく利用されるのがクレジットカード現金化です。

ショッピング枠残高のある有効な本人名義のクレジットカードと

本人確認のための身分証明書があれば、誰でも審査なしで、

即日に現金を手に入れることができます。

 

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で、

業者がネットで販売する商品を購入し、その特典として、キャッシュバックされる

というシステムです。

手数料込みの実質還元率はおおよそ70~90%になります。


商品の特典なので、借り入れではなく、ショッピングになります。

そのため、個人信用情報機関に借金としての記録は残りません。

もちろん、返済はカード会社へ一括・分割・リボ払いのいずれかを選択する必要が

あります。


万が一、お金が必要でキャッシングなどで数社同時に申し込んでしまって、

申し込みブラックのため融資を受けられなくなった時に

ショッピング枠現金化はお金を調達する裏技のひとつといえるでしょう。



現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカードの現金化でカードが使えなく なった人っていますか? 違反になる...

皆様、良い日をお過ごしでしょうか?


さて、
本日の情報です。

クレジットカードの現金化でカードが使えなく
なった人っていますか?

- 回答 -
カード会社との規約に反する行為なので、バレたら即使用停止、ブラック扱いになりますので注意http://www.jcb.co.jp/goriyou/teguchi.html#007 (JCBカード)
ただ実際には購入した商品が「いらなくなった」という理由で売却すれば現金化になります。
カード会社も現金化を利用したと判断するのは難しいのが実情です。
現金化業者を使うより新幹線の回数券を大量購入している場合の方がカードが使えなく可能性は高い
です。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

いかがでしたか?本日のネタは?
では、また!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

悪質業者に騙されないように

いわゆる闇金と言われる高利貸しの業者は、近年取り締まり等により減りましたが、その中には以下のように、摘発を逃れる為に様々な形に変化していった業者があります。

◇ リース型金融
闇金が取締りから逃れる為に、リースという形を装った業態です。
お客の自宅にある家電製品をリサイクル業者が買取り現金を渡します(融資)。
リサイクル業者からその家電製品をリース業者が買取り、それを1日単位の計算でお客にリースします(利息の回収)。
テレビ、冷蔵庫、エアコンといった、無くなってしまうと生活に困ったり、家族にバレてしまうような家電製品を使う事で、お客も支払いに必死になり回収の手間が省けるといった手口です。
摘発されないように、リサイクル業者とリース業者を分けて設定していますが、実態は同じ業者が二役やっているだけなので、当然違法です(実際に摘発されています)。

◇ チケット金融
高速券等の金券を代金後払いで販売し、お客にその金券を換金させるという形をとります(融資)。
但し、買取り先が指定されている為、換金率が低く、購入額との差額が利息という事になります。
そして、金券を購入した代金の支払いが返済という事になります。
但し、実態は高利貸しの為、当然違法です(実際に摘発されています)。

◇ 商品売買型金融
商品の売買を装った融資です。
クレジットカード現金化業者の一部もこのような仕組みをとっています。
但し、おもちゃのようなアクセサリー等のようなどうでもいい商品を高額で買わされる形となり、その実態は高利貸しである事は明らかな為、当然違法です(実際に摘発されています)。
 

現金化業者を使わない、安全な裏技はこちらをご覧下さい

現金化業者の東京都公安委員会許可の表示

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」する営業を行う者に対する東京都公安委員会許可について

インターネット上や街中で「あなたのクレジットカードのショッピング枠を現金化」、「東京都公安委員会許可の優良店」などの表示が見られます。
しかし、現行法上、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」することに対して許可を与える制度はなく、東京都公安委員会では、このような営業に対しての許可は、出していません。


東京都公安委員会の許可が必要な営業のうち、「30」で始まる12桁の許可番号は、古物営業許可又は質屋営業許可のほかにないことから、この種のサイト等に表示されている公安委員会許可や許可番号は、「古物商許可」の意であると推測されます。
 つまり、

 いずれかから品物(古物)を購入し、それをお客に販売する(クレジットカードで自社商品を購入して貰う、いわゆる「キャッシュバックサービス」を行う業者)

 お客から品物(古物)を買い取って、他に転売する(指定する商品をクレジットカードで購入してきて貰い、それを買い取る業者)

という営業形態であれば、古物の売買を行う部分が古物営業に該当することから、古物商許可を取得していると推測されます。


また、古物商許可は、その営業内容が優良であることを保証するものではありません。

紛らわしい表示をしている業者については、表示を訂正、削除するよう指導しています。


「クレジットカードのショッピング枠を現金化」する営業については、以下の点に注意が必要です。


 クレジットカードで購入した商品は、代金が完済されるまでクレジット会社に所有権がある場合が多く、これを勝手に転売すると「横領罪」に問われる場合があります。

 当初から、支払う意思がないのにクレジットカードで商品を購入すると、「詐欺罪」に問われる場合があります。

 業者から、入場券や乗車券、回数券などで具体的な商品の指定を受けて購入すると、業者は、東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例のダフ屋行為、お客もその共犯に問われる場合もあります。

 転売目的での使用がクレジットカード会社の利用規約に反しないか、あらかじめクレジットカード会社に確認してください。

〔警視庁ホームページより〕


現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカード現金化の口コミなどのサイトについて質問いたします。口コミサイ...

クレジットカード現金化の口コミなどのサイトについて質問いたします。口コミサイトの情報というのは正しいのでしょうか?信用できるのでしょうか?


何か信用できるようなサイトはないものでしょうか?できることなら金なんか借りたくないのが心情ですね。情報お願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答

全く信用できません。
口コミサイトやランキングサイトは、99%業者が制作しています。

ちょっと調べてみれば、系列店が並んでいるのがすぐ分かります。
1%程しかないホントの口コミサイトを探すのは至難の業です。

この知恵袋でも自作自演の書込みが多いです。
酷いものは質問して2時間で締め切って、ベストアンサーに自分の会社を選んでいます。
(2時間の間に系列店を何件も書き込んでいます)

現金化業者を利用しない事をおすすめします。

(yahoo!知恵袋より)




カード現金化の裏技・口コミはこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ