クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

現金化で失敗しない為に

悪質現金化業者が使う騙しのテクニック

貸金業規制法の強化によって、お金を貸し出せなくなった消費者金融に変わる資金需要の受け皿として、

クレジットカードのショッピング枠現金化が注目されると、

街金融や、ヤミ金融がクレジットカード現金化に参入しました。


そして、それに呼応するように詐欺同然の事件が急増しています。


悪質な業者は、ホームページ上で96%の還元率を表示していながら、

実際の還元率は50%を切るようなこともあるようです。


さらに悪質な業者になると

「お金 を振り込まない」、「後日勝手にカード決済する」

という事もあるようなので、クレジットカードのショッピング枠を業者を使って現金化する場合は、

現金化業者の見 極めが重要です。


悪質現金化業者 詐欺の手口

悪質な現金化業者がユーザーを騙す手口は幾つかのパターンに分かれています。


ホームページの還元率と実際の還元率が違う

・ホームページ上には記載されていない手数料を差し引く。

・「カードの種類」「ユーザーの信用状態」「職業」「住所」を理由に還元率を下げる。

・当初の話と違うことをユーザーが指摘すると高額なキャンセル料を請求する。


約束した金額を振り込まない

・電話で説明された金額よりも少ない金額しか振り込まれない。

・お金を全く振り込まない。連絡も付かなくなる。


返金を迫る

・クレジットカードの商品代金は支払っているのに、一方的な理由で契約を解除し返金を迫る。


カード所有者に無断でカード決済する

・クレジットカードの情報を控えられ、後日無断で現金化されて手数料を差し引いたお金が口座に振り込まれる。



悪質業者に対する対策


これらの悪質業者の手口に共通するのは、

「ホームページ上では極めて好条件を提示してユーザーを誘い込む」

「メールでの問合せに対しても電話連絡を要求する」

点にあります。


彼らはユーザーを騙すためのトークスクリプト(曖昧な説明でユーザーを丸め込む話術)に長けているので、彼らの要求に応えて電話連絡をすると、彼らの術中に嵌まることになるので注意しましょう。


悪質な現金化業者とは反する、良心的な現金化業者は、ホームページ上で決済金額に応じた振込金額、必要な手数料等を明記しており、メールでの問合せに対しても明確な金額を教えてくれます。


悪質な業者の話術に嵌まらないためにも、初めて利用する現金化業者に対していきなり電話でアプローチするのは避けて、まずはメールで問合せしてみるのが賢明です。



現金化業者に対する問合せ例


クレジットカードの現金化の利用を検討しています。

〇〇カードを使用して、〇月〇日までに、

手元に〇〇万円を振り込んでもらう場合のカード決済額を教えてください。


よろしくお願いします。



良心的な現金化業者であれば、上記の問い合わせ文面でカード決済額を教えてくれるはずです。


もし、問い合わせ先の現金化業者が、

「住所を知りたい」「職業を知りたい」「カードの情報をもっと知りたい」

などの 理由を付けて電話連絡を要求してきた場合は、

とにかくユーザーに電話を掛けさせて丸め込もうとする意図があるので、

その業者の利用は控えた方が無難だと思います。


また、メールでの問合せに対して返答がない場合も、

返答がないからと言ってユーザー側から電話を掛けたりせず、そのまま放置したほうが良いでしょう。



クレジットカード現金化業者の詐欺行為に注意しましょう

クレジットカード現金化サービスは非常に便利なのですが、
ご利用の際には注意しなくてはならないことがあります。


クレジットカード現金化サービスを行っている業者の中には、
クレジットカードを使った詐欺的な悪徳業者もあります。

クレジットカードを使った悪徳業者とは"買取屋"と言われるヤミ業者です。
買取屋とは、クレジットカードで高価な商品、換金しやすい商品を購入させ、
定価の3~4割で買い取って下取り業者に転売して多額の利益を得る商法です。

不当に安い価格でも買いとられるならまだよいほうで、
商品を送っても難癖を付けられて買取にも応じない被害が報告されています。
ターゲットとされるのは多重債務者です。
換金目的のカード利用は、クレジットカード会社の会員規約にも謳われていますので
やってはいけないことですが、換金しようと言うなら業者を介さなくても自分でも行えるのです。
わざわざ得体の知らない業者に関わる必要はありません。

仮に被害報告しても、本人自身が換金目的のカード利用を行っていることから、
クレジットカード会社からは会員を脱会させられることでしょう。
そうなるとクレジットカードの残債も一括返済を要求されますから、
どうあがいても不利益にしかなりません。

きちんとした買取型の現金化業者は公安委員会から認定されている
古物商の許可を取っています。
ヤミ業者ならこういった許可すら取っていないはずですから、
もしも、ご利用されるのなら前もってしっかり確認しておきましょう。
また商品を業者に発送する前ならまだキャンセルすることが出来ます。
購入商品も家電製品やブランド品などですから、
キャンセルが効くものは何としてでも購入店に返品しましょう。

さらに悪質なケースでは、カード決済だけをし、お金を振り込まないといった詐欺行為や、
クレジットカードを郵送させ換金後もカードを返却せず、
業者による限度額まで買いまわりの被害が発生するケースもあるようです。

申込みしても、通常、キャッシュバック会社が、
あなたのクレジットカードを預かるような事は絶対ありませんので
あなたのクレジットカードは第三者に必ず貸与しないようにしましょう。

このように消費者を巧みにだましたり弱みにつけこむような悪質な現金化業者や、
現金化業者を騙った詐欺が未だに存在しているのも又、事実です。

また、各現金化サービス会社のホームページを見ますと30分で振込み(現金化)が
可能というようなことが書いてある会社もありますが、
実際には2回目からだったりということもありますので
実際に申し込みする前にしっかりとご確認しておきましょう。

現金化業者からの裏情報

現金化業者を利用する場合、
免許証とクレジットカードの表裏を写メで撮って
業者にFAXかメールで送るのは基本なのでしょうか?

暗証番号は聞かれなかったけど、
クレジットカード番号と裏面の3桁の番号と有効期限は伝えてしまいました。
勝手に悪用されてしまいそうで怖いです、、、

どなたか、教えて頂けないでしょうか?

≪回答≫
現金化業者が、申込者にカード券面裏表の画像を送ってもらうのは、盗難カードの不正利用を防止するためです。

実は、盗難やスキミング、ネット上で不正に流出したカード情報は1件4000円程度で売買されています。

こ の不正流失しているカード情報を使って、現金化業者に現金化を申し込むと、カード決済はとおるので、申込者に対してキャッシュバックを実行することになり ますが、カードの不正利用が発覚した時点でクレジットカード会社が支払いを止めるので、現金化業者に対して商品代金は支払われなくなります。

当然、流出したカード情報を不正利用した人に支払ったお金は当然返ってこないので、現金化業者はこのお金を丸損することになります。

さらに、クレジットカード会社から「どういう商品を買ったのか」「商品をどこに発送したのか」などの面倒な調査を受けるのでこの対応に多くの時間を取られることになります。

このように盗難カード情報を使われると、現金化業者は金銭な損失と労力の損失を被るので、盗難カード利用の防止に力を入れており、カード券面の画像を提示してもらうことによって申込者が本当にそのカードを本当に持っているかを確認しているのです。


「勝手に悪用されてしまいそうで怖いです、、、」

確かにそのとおりです。

この間逮捕されたキャッシュバックスのような悪質な業者は、一度手に入れたカード情報を元に、勝手にカード決済してお金を振り込んでくる「押し貸し詐欺」のような事をやっているので注意が必要です。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカード現金化詐欺に騙されないように

クレジットカード現金化で優良サイトを選ぶ場合に
比較する一つのポイントとなるのがキャッシュバック率です。

クレジットカード現金化で利用者は現金を入手することが目的なので、
キャッシュバック率が多ければ多いほど良いと考えていると思います。

しかし、それは間違いで詐欺を行う業者に十分に注意し見極める事が重要です。

比較的優良な会社はキャッシュバック率が7割から8割に集中しているようです。

クレジットカード現金化で9割以上の会社は、
まず最初に詐欺を警戒した方が良いかと思います。

もちろん該当する全ての業者がそうであるとは、限りませんが、、、

クレジットカード現金化に限った事ではありませんが、
どんなサービスでも適切な価格というものがあると思います。
キャッシュバック率が9割以上では、業者側にはほとんど利益が残らないはずです。

キャッシュバック率と詐欺にはくれぐれもご注意して下さい。

また、詐欺ではなくても手数料などがかかり、
最終的には7割程度になる場合も多いので、
クレジットカード現金化を行う際には手続きのときの電話で必ず、
実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。
出来れば、メールで証拠が残るような形で金額を確認できるとベストだと思います。

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

クレジットカードの現金化、ショッピング枠の現金化について質問です。

みなさん、お元気ですか?

それでは、
今日も以下の情報を拾ってみました。

クレジットカードの現金化、ショッピング枠の現金化について質問です。


小さい会社でありますが経営しております。
震災の影響もあって仕事が激減し毎日知人に声をかけたりひたすら資金繰りをしております。
月末の支払いが多く、現状で取引先に支払いも遅れており今月末も支払いが困難な為、クレジットカードの現金化を利用しようと思ってます。そこでいくつか分からない事があるのですが教えてください。

①キャッシュバック・還元率というものはそのまま振り込まれるということですか?

②街の金券ショップでクレジットカードの現金化するよりお得ですか?

③ショッピング枠の現金化をすることでクレジットカード会社利用停止になりますか?

④クレジットカードの現金化業者がもの凄いありますがいわいる悪徳業者もありますか?

⑤クレジットカード現金化で騙された人いますか?

⑥その後勧誘電話やダイレクトメールなどはきませんか?

⑦まとまったお金が必要ですが、どこまでの金額が可能でしょうか?

⑧当日の振込みは可能ですか?

⑨Yahoo知恵袋でも複数社のクレジットカードの現金化・クレジットカードのショッピング枠現金化・チケット高価買取?など
ありますがきちんと付き合える業者はありますか?

⑩銀行も消費者金融もどこも相手にしてもらえてない状況ですが他に資金繰りの方法があるもしくは実際にやった方はいます か?

⑪法人・個人どちらのクレジットカードもありますがどちらがいいですか?

⑫私ともう一人の小さな会社ですが妻にばれるような事はありますか?

長くなってしまいましたが今月末の支払いはなんとかできないと今後取引先の信用もなくなり状況が悪化するのは目に見えます。
自分なりにはできる事はしたつもりですが他に案がありません。
同じ境遇に過去あった方からもご意見いただきたいです。

クレジットカードの現金化とはあまりいい事とは考えませんが月末の支払いで頭がいっぱいで夜もあまり寝られません。
なんとか現状を打開したいと思います。

よろしくお願いいたします。


- 回答 -
クレジットカードの現金化の利用についてですが、最近では中小企業の経営者さんが多いみたいです。
金額によるかと思いますが友人知人にもう一度あたってみるかノンバンクにあたってみましょう。
消費者金融で増額の申請、不動産があれば担保融資、生命保険会社も融資してくれる場合もあります。
クレジットカードの現金化業者を使うとカードの利用停止になる事もありますのでご注意を
http://www.jcb.co.jp/goriyou/teguchi.html#007 (JCBカード)
私も以前会社経営をしており同じ様な状況になりました。その時一度だけ行った方法ですが個人のカードで買い物をしてすぐに売却しました。法人のカードだと固定資産やなんやでいろいろめんどくさいと思いましたので。
詳しくは家電を購入して売却するというやり方です。大手家電量販店でも買い取りをしているお店もありますが同じ率でかつ来店不要でしたのであの時は助かりました。
最近景気の煽りなのかクレジットカードの現金化業者も増えているみたいですがなかには会社の実態が無いいわいる幽霊会社もあります。そういった業者だと振込すらしてこない、振込金額が違うなどトラブルもあるようです。実在する業者なのかしっかり確認する必要があります。会社のホームページに住所が記載されて無い場合は騙されることもあるでしょうから。

いずれにしろまず他の方法を前提に考えましょう。質問者様の状況を考えたら一時的なその場しのぎにか思えません。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

じゃあまた!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ