クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

クレジットカード現金化の実態

ご存知ですか?クレジットカードの現金化サービス

クレジットカードの現金化サービスというものをご存知ですか?

簡単に言うとクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をして、
その購入金額の何割かを現金として手に入れる(キャッシング)というもので、
不正利用の為にカード自体を買い取るとかそういったものではありません。

例えば、クレジットカードで10万円の買い物をして、8万円の現金をキャッシュバックしてもらうといった感じです。

買い物といっても、実際に利用者が何か貴金属類や、金券を買ってくるという必要はなく、クレジットカードの現金化業者が独自のクレジット決済システムで全て行いますので、煩わしさはありません。もちろん即日での現金化も可能です。

このサービスは、キャッシング枠の限度額が一杯の方や、消費者金融を敬遠されている方、学生や主婦、ローンカードを作っている時間がない方、家賃等の支払いや、事業の運転資金、ギャンブルの軍資金、その他の急な出費に役立つとして、週刊誌などでも話題になっているようです。

これには大きく分けて店舗型とオンライン型の2種類があります。

しかし、このオンライン型、誰にも顔を見られずにこっそりと現金化が出来て便利なのですが、一つ重大な落とし穴が・・・
実は、オンライン型は業者との対面がない為、詐欺業者が横行しているという側面もあるのです。


JCBカードのクレジットカード現金化
JCBカード現金化は一般的に難しいと言われています。
以前、クレジットカード現金化会社の電話担当さんから、JCBの場合、決済が通りにくいという話を聞きました。
これは、JCB自体がクレジットカードの現金化を良くないものとし、決済業者への締め付けを行っているからだそうです。

でも、使えるクレジットカードがJCBしかない、という場合も少なからずあるはず。
私も、ここならいけるかも!と、クレジットカード現金化の会社に申し込んでも、決済が通らず、
いくつかの業者をたらい回しになったことがあります。


業者の選定
あなたがクレジットカードのショッピング枠の現金化を行うとして、まず何をしますか?
まずは安全な業者の選定、還元率や入金日の比較をしますよね?

ネットを使ってちょっと調べただけでも、かなりの業者がヒットします。
でも、その業者自身のホームページを見たところで、その業者が本当に安全かどうかなんて分かりませんよね?
ですから、多くの人がクレジットカードの現金化を比較している所謂『比較サイト』を見るのだと思います。

でも、その現金化比較サイト(このブログも含めてw)って本当に信用できるのでしょうか?

現金化比較サイトの運営者の90%の目的はアフィリエイトです。平たく言ってしまえば、あなたが現金化することによって発生する成果報酬が欲しいのです。私もですがw

お金に目が眩んでいるアフィリエイター達は、自身のサイトで『優良業者を徹底比較検証』と謳いながらも実際には比較すらせずに、ひたすら現金化サイトの宣伝に終始するサイトを量産しています。
酷いのになると、バナーとテキストリンクを貼り付けただけなんていう比較サイトさえ存在します。

ちょっと頭のいいアフィリエイターちゃんは、きちんと現金化業者のランク付けによる比較を行っています。
そして、もっともらしい理由をつけて、アフィリエイトの成果報酬が一番高い現金化業者をイチオシとして紹介します。

また、時々、比較サイトの業者紹介コメントで『検証の為に実際に利用しましたが、非常に優良な業者さんでした』という文言をよく見ますが、素人が検証のために自ら何万円もの投資をするでしょうか?
多くの比較サイトが紹介している取引方法や業者の詳細などが曖昧で、電話調査すらしてないと思います。


もう一つの現金化サイトの目的、それは現金化業者自身による自作自演=宣伝です。
一般的に現金化業者は、激化する競争に勝ち残るため、一つの現金化サイトのみでなく複数の現金化サイトを運営していると言われています。
そこで、自社の現金化サイトのみをベタ褒めした比較サイトを立ち上げ、集客を図っているようです。

クレジットカード 現金化 フリークレジット

皆さん、こんにちは!

今日は、当サイトへ来る方の検索キーワードで、
「現金化 フリークレジット」というのが結構あり、
ちょっと気になったので、ネットで検索してみました。


・口コミ・体験談~1
「クレジットカードのショッピング枠現金化 株式会社フリークレジットは、
最大98.5%、最短3分でのお振り込みで現金化できます。」

⇒株式会社フリークレジットって、現金化業者さんで株式会社ってあり得るんですかね(笑)

「実際、利用してみたんですが最終的に色々手数料やら引かれて7割ちょっとって感じでした、、、。
びっくりしたのがお振り込み時間。」
「最短3分とありますが15時ぎりぎりに振り込まれて、かなり不安でした。」


 ・口コミ・体験談~2

「ここは、もう一つの現金化業者 換金堂と同じ会社による運営です。
住所も近く、IPアドレスも同じ、プランの内容も同じなので間違いないかと。」

「現金化の方法としては、買取方法を行なっているよう。
業者が送ってくる商品(CD-Rらしい)が届いたら
それを業者へ送り返してから現金を振り込んでくれ るようです。
時間が何日間かかかるプランがほとんどで、
即日プランもありますが、来店プランが無いです。
振込みのみ対応となります。」

「HP上の住所は渋谷区とのみ記載されておりますが、
以降の番地からの住所が記載されておりません。」

「お申込みは全てネットか電話で行なうようになります。
結局最後まで話を聞かないで電話を切ってしまったので、細かいことなどは不明です。
通常プランだと利用してから1週間~2週間後に振り込むプランなので、
ほ とんどの人が即日のプランを選ぶんじゃないでしょうか。」

「1週間~2週間後に振り込まれるなんて先のこと過ぎだし、
利用する時って大体急な入用の場合なん で、このスタンダードのプランはあまり必要ない気が…。」

「電話対応は他の現金化業者と変わらない。
「まずは受付してください」と言うばかり。
話はそれからだ。みたいな感じです。」
-------------------------------------------------------------

このカード 現金化フリークレジットのHPには、大きく「東京公安委員会 許諾店」と
現金化や貸金業とは無関係な、古物商認可の番号が、、、
住所の番地無表示といい、かなり怪しい感じが、、、、

まあ、ご判断、ご利用はあくまで自己責任で、ということでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化がいったいどういったものなのかを考えてみたいと思います。


業者に申し込みをすると次のような流れで現金化が行われます。

①クレジットカード保有者は、業者の指定する商品(商品券やプリペイドカードなど)をオンラインもしくは電話でクレジットカードを利用して購入します。
②業者は、クレジットカード保有者の購入した商品を買い取りその代金を銀行などに振り込みます。
(この段階でクレジットカード保有者は、ショッピング枠を現金化できたことになります)
③業者は金券ショップで販売するか、商品販売元に返品して販売価格を受け取ります。

業者により異なりますが、60~90%程度の換金率でショッピング枠を現金化してくれます。

一見すると便利なシステムに思えますが、次の問題点があるためあまりおすすめできる方法ではありません。

 

【問題点1】実質金利は極端な高金利になる
クレジットカードで買物をする際には、一括払い、リボルビング払い、分割払いなどを選べますが、最終的には全額返済することになります。

そのため手取り現金に対して金利も含めた総支払額と支払い期間をもとに実質金利を計算してみると予想外の高金利であることがわかります。

なお以下のケースでは10万円分の商品をクレジットカードで購入し、その商品を業者により換金率80%(8万円)もしくは90%(9万円)で現金化と想定します。

(ケース1)
クレジットカードの支払い方法: 一括払い 支払いは1ヵ月後
換金率: 80%の場合 / 90%の場合
実質年利: 300% / 133.3%

(ケース2)
クレジットカード支払い方法: リボルビング払い 2万円/月(年利14.4%)
換金率: 80%の場合 / 90%の場合 
実質年利: 59.4% / 30.6% 

上記の金利からわかるように消費者金融で融資を受けるよりもはるかに高金利となります。

また試算では80%/90%での換金を前提としていますが、実際にはそれ以下の70%程度のことのほうが多くより高い実質年利となります。

 

【問題点2】クレジットカードの禁止事項に抵触する

多くのクレジットカード会社はショッピング枠の現金化する手法を禁止しています。

そのため現金化していることをクレジットカード会社が把握した場合には、クレジットカードの使用が停止される可能性があります。
軽い気持ちでつかっただけで、クレジットカードを停止されそのうえ以後も発行してもらえなくなる可能性もありますので注意が必要です。

 

【問題点3】業者の信用度に問題がある

ショッピング枠を現金化してくれる業者は
「当店は消費者金融ではありませんので安心です」
などのメッセージを載せています。この言葉の意味を検証したいと思います。

消費者金融は、監督官庁の公式な許可が無ければ営業できません。

また出資法、利息制限法などにより金利が管理されています。

それに比べて現金化する業者は一切法律による束縛を受けておらずルールもありません。
そ して一番重要なのはクレジットカード各社は規約に反して営業しているとして詐欺罪で業者を告訴する可能性を示唆しています。(クレジットカード会社から見 るとショッピング枠を利用されますが、実質キャッシング扱いとなっており回収リスクや金利などの点で不当な損失を被っている為)
ショッピング枠を現金化し銀行に振り込まれるまで数日から2週間程度の時間が必要です。

もしこれらの告訴が現実となった場合には、業者にショッピング枠だけ利用され現金が振り込まれる前に倒産される可能性などもあります。

結論としては業者は消費者金融でないことは事実ですが、信用度の点で消費者金融を大きく下まわるため安心とは言えません。

キャッシュバック方式

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法には、主に「キャッシュバック方式」をとっている業者と「買取(質入)方式」をとっている業者があります。

キャッシュバック方式は、クレカ現金化の業者がカード会社の加盟店になっている場合のみ成立する方法です。

買い取り方式では、クレジットカードのショッピング枠で実際に限度額いっぱいまでの商品を購入して、その商品を業者が引き取り、商品代が支払われて現金化することが出来ます。

対して、キャッシュバック方式では、現金化業者の扱う商品を”なんでもいいので”買ったことにして、カード決済をすることでカード会社から代金の立替金が 加盟店である現金化業者に支払われ、この立て替え金の一部がクレジットカードのショッピング枠の現金化という形で支払われます。現金化業者の手数料は業者 によって異なります。

業者が利益を高く取るために、カードで買った商品に価値はほとんどないことが普通です。悪質な業者の場合は、売上伝票だけが存在し、商品は全く存在しないケースもあるそうです。また、クレジットカードの現金化詐欺が多いのもこの方式です。

商品買取方式の場合は、第三者の加盟店から実際に商品を購入して、現金化業者に商品を渡し、現金を受け取るので、代金は後払いなどと言われなければ、商品 と引き換えに現金を手にすることが出来ますし、商品の引渡し前であれば、最悪でも商品は手元に残りますが、キャッシュバック方式の場合には、一般に商品に ほとんど価値がないことに加え、カード会社からの立替金を現金化業者が先に受け取ってしまいます。

現在インターネットで広告を出しているほとんどの業者はキャッシュバック方式の業者です。前述したような詐欺会社は少ないでしょうが、消費者金融などの貸し金の利息に比べて負担が重いことに変わりありません。

クレジットカード現金化急増 取り締まりはできないのか?

クレジット会社や加盟店でつくる業界団体「日本クレジット協会」によると、クレジットカード現金化業者が5年ほど前から再び目立ち始めた。
ヤミ金融に対する摘発や規制が強化されたころで、最近は、景気悪化や法改正を背景にして金融業者が審査を厳しくした結果、金策に困って手を出す客も目立つという。

クレジットカード現金化の主流は、実際には値段のつかないような価値の低い商品に高値をつけ、客にカードで購入させ、「キャッシュバック」名目で価格の8割前後を客に渡す商法だ。

ある業者は、インターネットのホームページで「キャッシュバックは正当な商取引」「家電最販店のポイント還元と同類で合法」とうたう。
古物営業の許可があれば摘発が難しいことから、「公安委員会許可」を強調する業者もいる。

規制はできないのか。

クレジット契約の規則を定める割賦販売法を所管する経済産業省は
「客は不利な返済になると知った上で自ら取引しており、難しい」
貸金業法の金融庁も
「商品売買があり、ヤミ金と即断できない限り違法とは言い切れない」。

そもそも、カード各社は現金化目的のカード利用を余員規約で禁じている。
利用者が返済できずに貸し倒れになった場合、自らの損失になるからだ。
違反すれば、利用停止や脱退処分になる。
だが、協会担当者は「実際には、正規のカード利用と見分けるのは難しい」と話している。 
[朝日新聞 2009/05/27より抜粋]

自分で換金性の高い商品券や新幹線回数券をクレジットカードで買って、95%くらいの換金率になります。

しかし、カード会社は換金性の高い商品購入に対してかなり厳しくチェックして監視しています。

そのため、カード会社に現金化が発覚し、カード利用停止・カード召し上げされてしまう危険性・リスクは日々高くなっています。

その危険性・リスクを考えると、換金率が80%と低いですがクレジットカード現金化業者を利用すればカード会社にはばれずにカード利用停止・カード召し上げされてしまう危険性・リスクを抑えることができます。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ