皆様、良い日をお過ごしでしょうか?


さて、
本日の口コミ・体験談の情報です。

クレジットカードの
現金化ってありますよね?
あれってどうなんでしょうか?
今多いみたいですが、闇金業者ととつながっていたりするんでしょうか?


- 回答 -
通常、クレジットカードのキャッシング(貸金)とショッピング(立替金)の利率を見てみると、ショッピングのほうが低利率になっています。
そのため、キャッシング枠でお金を借りるよりも、ショッピング枠を現金化したほうがオトク、
というのが、悪徳業者の売り文句であり、無知な消費者がハマる落とし穴です。

結局のところ、クレジットカードで買い物をして、その商品を買い取ってもらうことにより現金を手にするわけです。
当たり前ですが、10万円の商品を10万円で買い取ってくれるわけがありません。
いくらショッピングの利率が低いとは言え、買取額によっては大損になる可能性が大いにあります。

また、クレジットカードで購入した商品の場合、クレジットの支払が済むまでは、
商品の所有権はカード会社に留保されることになります。
その商品を勝手に売買することは詐欺罪に該当する恐れもあります。
もちろん換金業者やその味方は「違法行為では一切ありません」と堂々と言いますけどね。

なによりもロクな業者じゃないので、結局、現金も手にできず、残ったのはクレジットカードの支払いのみ、
で、本人も何となく悪いことしちゃった意識があるので、そのまま泣き寝入りという事例も多く出てきています。

一例として、
1.現金化してくれる業者に行く。
2.型式を指定されたパソコンを3台、計50万円を指定されたお店で購入するよう指示される。
3.商品はお持ち帰りではなく、指定された住所に送るように指示される。
4.後日、パソコンを査定した上で現金をお渡ししますorお振込します、と言われる。
5.いくら経っても現金どころか、連絡すらない。
6.換金業者に問い合わせると音信不通。
7.クレジットカード会社から50万円の請求が来る。当然、商品のパソコンも手元には無い。
8.仲間の悪質業者から、つぎつぎと架空請求や、あやしいダイレクトメールが届いたり、電話が来る。

ということで、ロクなことにならないです。
もし、「すごくカンタンで、しかも低利率で現金を手にできたよ」と堂々とおっしゃる人がいたら、
間違いなくその一味だと断定してよろしいと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

では、また!

カード現金化の裏技・口コミ 体験談はこちら