申し込みブラックとは、短期間に3社以上の金融機関にキャッシング(融資)などを

申し込んだ場合に、受付を拒否されることをいいます。


消費者金融など金融機関への申し込み時に、金融業者は信用情報を情報機関に開示請求します。

ほぼ同時期に3社申し込めば3回開示されるといった具合です。

たとえば、数日のうちに3社連続で申し込んだ場合、

申込者が多重債務者になるリスクがあると考え、実際お金を借りていなくても、

金融業者は融資を敬遠するようになります。

この履歴は1ヶ月前後残ってしまうので、必要な時にお金を借りたいと思っても

借りれないという状況になってしまうのです。


そこで、よく利用されるのがクレジットカード現金化です。

ショッピング枠残高のある有効な本人名義のクレジットカードと

本人確認のための身分証明書があれば、誰でも審査なしで、

即日に現金を手に入れることができます。

 

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で、

業者がネットで販売する商品を購入し、その特典として、キャッシュバックされる

というシステムです。

手数料込みの実質還元率はおおよそ70~90%になります。


商品の特典なので、借り入れではなく、ショッピングになります。

そのため、個人信用情報機関に借金としての記録は残りません。

もちろん、返済はカード会社へ一括・分割・リボ払いのいずれかを選択する必要が

あります。


万が一、お金が必要でキャッシングなどで数社同時に申し込んでしまって、

申し込みブラックのため融資を受けられなくなった時に

ショッピング枠現金化はお金を調達する裏技のひとつといえるでしょう。



現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら