ほんとーに、日本には、まともな政治家はいないのでしょうか?

さてさて、
今日もネットで見つけた口コミ情報です。

個人信用情報の開示を行い信用情報に傷が無いかどうか確かめたいのですが、知人に開示した記録が残るのでやめたほうが良いと言われました。開示の記録が残ると何かローン借り入れ等に不利な事でもあるのでしょうか?

- 回答 -
■私の経験談です。知人の方が言っている事は間違っておりません、ただし、質問者様が信用情報機関全てを閲覧されるのか、住宅ローンのみ(つまり公庫でも窓口銀行の使用する情報機関)だけなのかにもよります。閲覧記録は必ず情報として残ります。誰が(個人が、どこの信販が、銀行が、いつ、どのような利用目的で)閲覧したのか、普通の方は閲覧請求あるいは直接情報機関に出向いたりはしません。(稀に知りたくて行く方いますね)ご存知の通り閲覧の理由を申請書に書きます。一般的には「ローンを組もうとしたら断られたため理由を知りたい」ですよね、そうでない今回でも閲覧記録を住宅ローン審査前に見に行くのは得策では有りません。最新の情報で貴方が仮にOKな方である確立が高いほど行かない方が良いです。逆に本人閲覧申請記録があるために審査がより厳しくなり、通常使用しない別の情報機関まで使われ調べられる確率を高くします。住宅ローンの審査後、
お断りを受けた時に『なぜ通過しなかったのか、理由を調べたい、確かめたい」としていかれた方か良いです。どうしても行くのなら、閲覧理由は事実と違う情報を載せられていると気分が悪いとか、も有りますが、結果は同じ、質問者様が調べた日と審査予定日が近ければ近いほど疑われます。
 
 奥の手です。ETCカード等、年会費の掛からないカードの申し込みをします。銀行系のです。それで審査が通らなければ行きましょう。ETCカードの申し込みなら銀行も(公庫等)怪しむ事はないでしょう。そして理由は先程の通り、カードを作ろうとしたらNG,事実と違う情報が記載されているかもしれないため閲覧したい・・で行かれるか、郵送請求です。間違っても、普通のクレジットカードは駄目。それくらい情報機関の記録については気をつけたほうが良いです。×貴方ご本人が、住宅ローンより先に閲覧してはいけません。○カード会社に先にさせるのです。判りましたか?銀行系のカードであれば少なくとも先の閲覧希望の情報機関でしょう。申込書の約款に書いて有りますからお判りですね。最後に、貴方が悪質な方で、延滞を起こし、さらに踏み倒し手入れば、ブラックです。延滞しながらも(遅れながらも)完済されたのならグレーです。グレーの方でも、カード会社の印象を悪くしていれば悪い事実を記載されます。だから閲覧確認なのです。 失敗すると辛いですから、何回も書きます。閲覧は個人の自由です。しかし、今回は個人が先に 「何も無いのに(本当は違いますけど)」 閲覧することが不利になるから止めておいたほうが良い と知人さんと私は言っています。

 閲覧自由としながら情報機関は個人の現在の情報を集めるのです。個人情報ですから本人確認書類の提出が義務付けされいますよね。開示は個人様に限りOKです、どーぞ手数料を納めて、私どもに最新情報をご提供下さい、情報を直してくれて有難う・・・って書くと削除かな。
長文にて失礼しました。良い家をお建てください。
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、皆様、また!!

現金化業者を利用しない現金化の裏技・口コミはこちら