クレジットカードでお金を借りる裏技、現金化

本当にお金に困ったときに!クレジットカード現金化の実態や、現金化業者を使わないで簡単に高換金率で現金化する裏技の体験談、口コミ情報を紹介しています。

ご存知ですか?クレジットカードの現金化サービス

クレジットカードの現金化サービスというものをご存知ですか?

簡単に言うとクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をして、
その購入金額の何割かを現金として手に入れる(キャッシング)というもので、
不正利用の為にカード自体を買い取るとかそういったものではありません。

例えば、クレジットカードで10万円の買い物をして、8万円の現金をキャッシュバックしてもらうといった感じです。

買い物といっても、実際に利用者が何か貴金属類や、金券を買ってくるという必要はなく、クレジットカードの現金化業者が独自のクレジット決済システムで全て行いますので、煩わしさはありません。もちろん即日での現金化も可能です。

このサービスは、キャッシング枠の限度額が一杯の方や、消費者金融を敬遠されている方、学生や主婦、ローンカードを作っている時間がない方、家賃等の支払いや、事業の運転資金、ギャンブルの軍資金、その他の急な出費に役立つとして、週刊誌などでも話題になっているようです。

これには大きく分けて店舗型とオンライン型の2種類があります。

しかし、このオンライン型、誰にも顔を見られずにこっそりと現金化が出来て便利なのですが、一つ重大な落とし穴が・・・
実は、オンライン型は業者との対面がない為、詐欺業者が横行しているという側面もあるのです。


JCBカードのクレジットカード現金化
JCBカード現金化は一般的に難しいと言われています。
以前、クレジットカード現金化会社の電話担当さんから、JCBの場合、決済が通りにくいという話を聞きました。
これは、JCB自体がクレジットカードの現金化を良くないものとし、決済業者への締め付けを行っているからだそうです。

でも、使えるクレジットカードがJCBしかない、という場合も少なからずあるはず。
私も、ここならいけるかも!と、クレジットカード現金化の会社に申し込んでも、決済が通らず、
いくつかの業者をたらい回しになったことがあります。


業者の選定
あなたがクレジットカードのショッピング枠の現金化を行うとして、まず何をしますか?
まずは安全な業者の選定、還元率や入金日の比較をしますよね?

ネットを使ってちょっと調べただけでも、かなりの業者がヒットします。
でも、その業者自身のホームページを見たところで、その業者が本当に安全かどうかなんて分かりませんよね?
ですから、多くの人がクレジットカードの現金化を比較している所謂『比較サイト』を見るのだと思います。

でも、その現金化比較サイト(このブログも含めてw)って本当に信用できるのでしょうか?

現金化比較サイトの運営者の90%の目的はアフィリエイトです。平たく言ってしまえば、あなたが現金化することによって発生する成果報酬が欲しいのです。私もですがw

お金に目が眩んでいるアフィリエイター達は、自身のサイトで『優良業者を徹底比較検証』と謳いながらも実際には比較すらせずに、ひたすら現金化サイトの宣伝に終始するサイトを量産しています。
酷いのになると、バナーとテキストリンクを貼り付けただけなんていう比較サイトさえ存在します。

ちょっと頭のいいアフィリエイターちゃんは、きちんと現金化業者のランク付けによる比較を行っています。
そして、もっともらしい理由をつけて、アフィリエイトの成果報酬が一番高い現金化業者をイチオシとして紹介します。

また、時々、比較サイトの業者紹介コメントで『検証の為に実際に利用しましたが、非常に優良な業者さんでした』という文言をよく見ますが、素人が検証のために自ら何万円もの投資をするでしょうか?
多くの比較サイトが紹介している取引方法や業者の詳細などが曖昧で、電話調査すらしてないと思います。


もう一つの現金化サイトの目的、それは現金化業者自身による自作自演=宣伝です。
一般的に現金化業者は、激化する競争に勝ち残るため、一つの現金化サイトのみでなく複数の現金化サイトを運営していると言われています。
そこで、自社の現金化サイトのみをベタ褒めした比較サイトを立ち上げ、集客を図っているようです。

現金化体験談口コミ情報

今日は、クレジットカード現金化業者を実際に使った方の体験談、口コミ情報をご紹介します。



こんにちは、「現金化の体験談」募集中ということでしたので
たった今体験したことを投稿いたします。

場所は東京です。

信頼と実績No1
創業○○年の実績
どこにも負けない還元率


等の宣伝文句に踊らされまずは問い合わせ

そこのサイトは説明で
手続き完了後60分以内にご指定口座へ送金!
後日、購入商品のお受取にて手続きは全て完了。
※商品はご購入いただいたものとなりますので返送いただく必要はございません。
と明記してあります。
また、還元率89%と書いてあります。

「15万円の買い物で還元額はいくらですか?」
「12万です」
この時点ですでに80%ですね。

なんとか申し込みを入れる
すると先方から電話

「必要書類を送ってください」
・免許証のコピー
・住所が特定できる郵送物のコピー
・使用するカードの表面のコピー
・本人確認の写メール

折り返しの電話にて

「お買い物は15万円以内ですので消費税込で149000円になり
還元金額は105000円です。」

ん?て言うことは70%?

決済手続き中に再び電話が

「ただいま商品を注文しましたので、購入先にも本人が買ったことを証明するた
めにカードのコピーと写メールを送ってください。」

ここで信じられないことを言い出す。

「もうお分かりかと思いますが、決済後にお支払できる金額は80000円です。残
り25000円は商品到着後の商品買い取り額になります」
「それって商品を送り返せってことですか?」
「はい、そうです。そのあとの支払いになります。」
だって・・・。
馬鹿な私もやっと怖くなってきました。
ここで15万に対して8万円の還元で53%
下手すると8万円も帰ってこないかも・・・。

びくびく連絡を待っていると、またまた電話が・・。
どうやら決済ができなかったらしい。

「カード会社に電話して確認してください。」

その後、カード会社に未決済を確認し、先方にはなんら理由をつけてキャンセル
しました。

宣伝文句はすべて嘘っぱち。
ランキングサイトやらありますが、すべてアフィリエイターのサイトなのでアフィ
リエイトの還元額が多いのがNo1になっているのは見え見え。

とっても勉強になりました。
今回は、何らかの理由で決済不可が出て、助かりましたが、
ふたたびこんな思いをする人が無いよう、情報を提供させていただきました。

如何でしたでしょうか?
実際のクレジットカード現金化業者の体験談は参考になると思います。

クレジットカードの現金化会社選びのコツ


◇適正なキャッシュバック率
キャッシュバック率(換金率)は高い方がいいですが、あまりに高いところは
何かしらの理由があると考えて避けるべきです。

多くの現金化サービス会社は85%前後です。仕組み上97%以上はありえません。
なぜかと言えば、クレジットカード会社に支払う手数料は安くても3%だからです。

還元率が、98.5%や99%ですと、現金化サービス会社が
クレジットカード会社に支払う手数料だけで赤字になってしまうからです。

ですので、これ以上の数字を提示している会社は、よく分からない手数料を引かれる、
闇金融へ流されるなど、悪徳業者に当たる可能性もでてくるので注意しましょう。


当然、現金化サービス会社も利益がなければなりたたないビジネスですし、
競争相手もいるので各会社によって還元率は変わってきます。
利用する側とすれば当然多くの現金が手に入るほうが良いのですが、
キャッシュバック率の高さだけで選んでしまうと危険です。

優良な会社はキャッシュバック率が、75%から85%前後の会社とまずは考えてください。
現金化サービス会社で60%以下の率の会社は、単純に利益ばかり考えている
目に見える不誠実な会社なので注意しなければなりません。

少々怪しいと考えご注意した方が良いかと思います。
それでも、特別なキャンペーン時や詳細条件などしっかり明記してあるようなら
問題なく利用してもよい現金化サービス会社もあります。

クレジットカード現金化サービスに限ったことではありませんが、
良いサービスには適切な価格があります。
キャッシュバック率にはくれぐれもご注意して下さい。

現金を振り込まない現金化サービス会社や還元率に満たない金額しか振り込まない会社も
少なからず存在します。老舗店・店舗有など優良・安心できるお店選びが大切です。


◇振り込み金額の明記

ほとんどの場合は、クレジットカード決済が終わったのを確認してからお金が振り込まれます。
しかし振り込まれた金額が予定より少なかったとしたらどうでしょうか?

クレジットカード会社に返済する金額は変わらないのに、受け取った金額だけが違います。
よくあるのが手数料として引かれる場合です。

サイトに記載されている情報だけでなく、
実際にいくら振り込まれるのか金額を必ず確認しましょう。


◇買取は避ける
 クレジットカードの現金化には、
 "商品を買い取るタイプ"と"キャッシュバック"のタイプがあります。

 提示金額と支払い金額が違うのは、買取タイプの方に多く見られます。
 買取の場合は商品に問題があるとして安くされる事がよくあります。

 80%を提示していたのに、指定された商品を持っていったら
 50%や30%でしか買い取ってくれなかったなどです。

 もちろんそんな会社ばかりではありませんが、キャッシュバックの方が危険性は低いといえます。
 キャッシュバックだからといって安心という訳ではないので、しっかりとした確認は必要です。
 商品を買い取るタイプの申し込みは必ずやめることを推奨します。
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ